タグ:杉 ( 6 ) タグの人気記事

木の調湿性能

人は知らず知らずのうちに樹から多くの恵みを授かっています!!
無垢の木にはいくつかの人に優しい効果があります 今回は「木の調湿性能」についてご紹介します。

木は自然のエアコン!!
木の家が何となく住み心地が良いのは、木には調湿性能があるからだと言われています。
私たち日本人は気温20~24℃ 相対湿度60%程度が最も快適だと感じる様で、湿度が家の住み心地に大きく影響しています。調湿性能を持つ木の役割は大きいのです。
湿度の高い時には空気中の水分を吸収し、湿度の低い時には逆に水分を放出して、常に適度な湿度を保つ働きがあります。この性能は日本特有の高温多湿の夏・乾燥する冬に発揮します。 だから日本家屋は木造が良いんです!
※一般的に杉4寸角(12cm×12cm)の柱一本で、ビール瓶0.5本~1本分の水分を出し入すると言われてます。

最近の住まいは、床は合板フロアー、壁・天井はビニールクロス、建具・家具・枠材に至まで塩ビシート貼、当然「柱」は全く見えません。 湿度の調節は「全て」エアコンに頼ってます。
現実的にコストや施工性を考えるとそうなることは多々ある事で理解もしてますが、できる限り「木」を使うと良いですよ。決して高価なものばかりでもありませんし、メリハリのあるコストコントロールをすれば充分に可能なことですから・・・
e0174926_18292587.jpg

弊社施工例 [床:唐松無垢フローリング カウンター:赤松 柱:杉 桁:松 壁:珪藻土]
※壁の珪藻土も調湿性能があります。


木の調湿性能を体感できます!
真夏のジメジメした日に弊社の木材倉庫に来てみませんか!
さーっと汗が引いて、とても涼しいですよ!
[PR]
by wood-sato | 2010-03-30 16:38 | 材木屋

木目模様とゆらぎ

人は知らず知らずのうちに樹から多くの恵みを授かっています!!
無垢の木にはいくつかの人に優しい効果があります 今回は「木目模様のゆらぎ」ついてご紹介します。

木の年輪の間隔には「1/f のゆらぎ」と呼ばれるゆらぎが存在することが知られています。
木の年輪の柾目(木目)を見ると、一見規則的に見えますが、土質・気候・日照などの条件で、成長にばらつきがあり、木目に影響します。その木目は人の目に自然で深みのある感じの良い印象を与えます。また床材など一枚一枚不揃いではあるが、無垢にしか出せない風合い・安心感・いやしを感じられます。


「1/f のゆらぎ」とは
自然界はすべてゆらぎを持っています。 ゆらぎとは、連続するものの間のズレで、機械的に均一な物からは生まれません。 ゆらぎの中でも人間の感覚を刺激し、心地よさと活力を生むのが「1/f のゆらぎ」です。
自然界の音・風・光・波などは全てゆらいでおり、その多くは「1/f のゆらぎ」になっていて、人に心地よさを感じさせます。「1/f のゆらぎ」が人の快感覚を刺激するのは、呼吸や心拍リズムなどの人間の生体リズムが1/fのゆらぎになっているため、外部のゆらぎと同調・共鳴するからといわれます。
森の中での風の音・木漏れ日・湖の水面・川の流れ・海の波 みなさん癒されてますよね!!

杉柾目模様
e0174926_1105655.jpg

杉板目模様
e0174926_111298.jpg

線の間隔・太さ・色が一定ではないが心地よさがかんじられます。

無垢の床材
e0174926_113381.jpg

e0174926_1161494.jpg
e0174926_1163967.jpg

無垢ならではの風合いです。


皆さんも知らず知らずのうちに 無垢の木の「ゆらぎ」を感じているはずです!!
[PR]
by wood-sato | 2010-03-17 11:20 | 材木屋

コウヨウザン

谷野善平商店さんのブログでご自宅の「コウヨウザン」の枝下ろしの書き込みを見ました。
果たして「コウヨウザン」とはどんな樹なんでしょう。

コウヨウザン : 広葉杉
(所属:スギ科コウヨウザン属   学名:Cunninghamia lanceolata (Lamb.) Hook.)
スギ科の常緑高木。中国では本種を杉と書き、和名の杉とは異なる。別名オランダモミ、リュウキュウスギ。大きいものは高さ35メートル、直径1メートルに達する。樹皮は赤褐色で縦に裂け、スギに似ている。枝は水平に長く伸びる。葉は互生するが、枝の両側にやや平らに並び、硬質で鎌(かま)状の披針(ひしん)形をなし、先は鋭くとがる。雌雄同株。4月に開花する。雄花は楕円(だえん)状球形で枝先に集まり、雌花は卵状球形で、長さ3~4センチメートル、枝先に1個ずつつく。球果は卵球形、鱗片(りんぺん)は革質で先はとがり、外方に反り返る。種子は1鱗片に3個ずつつき、翼がある。中国大陸南部、台湾に自生する。日本には江戸時代に渡来し、仙台市以南の社寺境内、公園、学校、庭園などに植栽される。材は建築、屋内工作、箱、棺、天井板、マッチの軸木、農具などに用いる。 シロアリの害に耐えうる強い樹です。


谷野さんのお宅のコウヨウザンは樹齢100年をこす樹で、樹皮もしっかりしていて色艶も良い、真直ぐ伸びた立派な樹です。
[PR]
by wood-sato | 2010-03-01 16:52 |

栃木名木百選  鷲子神社 千年杉

馬頭町鷲子(とりのこ)神社の「千年杉:せんねんすぎ」
樹齢:千年 周囲:7.0m  直径:2.2m
スギ(杉、Cryptomeria japonica)は、ヒノキ科(スギ科 Taxodiaceae とすることもある)の常緑高木。日本特産の針葉樹である。 日本固有種で屋久島から東北地方まで分布し、木材・建築材を目的とする人口林としてヒノキと共に各地で植栽されている。スギには多くの地域品種があり、材質も品種、系統により異なる。天竜杉、屋久杉、吉野杉、北山杉、秋田杉、山武杉などが有名・・・それと地元日光杉も。スギ材は割裂性がよく、薪割りのように割ることによって、角材から板材までを作ることができることから古来より重要な木材として重宝されてきた。
木材資源として重要な樹であるために多くの地域に植林されているが、花粉の飛散によってスギ花粉症の原因ともなっている。   私、材木屋のくせに花粉症です・・・。
e0174926_18224261.jpg

e0174926_1823172.jpg

栃木県と茨城県の県境の山頂に位置する神社で周りには千年杉にも見劣りしないほどの杉の巨木が多くみられます。
鷲子神社にはかなりの彫刻が施された本殿・拝殿また楼門と、建築に携わる者としてとても目を引くものが多く見られます。
[PR]
by wood-sato | 2010-02-15 20:44 |

栃木名木百選

栃木県名木百選をめぐります。
休日を使って撮影していきますので全てを撮り終えるのはいつにになるかは全く解りませんが・・・

<栃木名木百選とは>
平成元年6月15日(県民の日)に「とちぎの名木100選選定委員会」において選定され公表されたものだそうです。栃木名木百選に選ばれた銘木の一部は県指定の天然記念物と重複しているものがあります。


チョッとその前に・・・
樹って凄いんです!
「世界の中で一番大きい生物」なんです。
「世界一大きな樹」は、アメリカ西海岸にあるセイコアオスギ(スギ科)の巨樹で、樹高:83.82m 直径:11.1m 周囲:31.3m 重さ:推定2000トン(ギネスブック登録)
 「世界一長寿の樹」は2004年スウェーデンで発見された樹齢9550年のトウヒ(マツ科)(放射性炭素によるい測定)だそうです。
日本にもご存知、屋久島の縄文杉があります。推定樹齢は2000~5000年くらいといわれている世界的有名な巨木があります。樹高:30m 周囲:16.1m
約10年前に実際に見てきましたが、今でもあの時の感覚は鮮明に覚えています。
縄文杉に限らず屋久杉を前にすると現代の空気感とは違った「耳がキーン」となるような研ぎ澄まされた空気感というか・・・別の世界に来た様な・・・まさに「もののけ姫」の世界で”こだま”が出てきそうな・・・あの樹は神様です!
ちなみに JR東日本新幹線E4系(1車両)の大きさは 長:25.7m 重:53.3t 幅:3.38m 高:4.19m これを円柱状とみなすと、直径:約5m 周囲:約15m となります。樹がどれだけ大きくなるかお解かり頂けますかね。  


栃木にはそこまで極端に大きく長寿の樹はありませんが、結構な樹・名木が皆さんの近くに居ます。神が宿ってますよ!

随時UPします。
[PR]
by wood-sato | 2010-02-15 20:22 |

「森のかおり」 内装建具

材木屋の家造りに心強いパートナーが現れた!!
弊社では材木屋として良質な木材・建材をこだわりを持って適材適所に使用した家造りをしているわけですが、幾度となく仕様材料のことで葛藤をしています。
構造材はもちろん、内装仕上げ材についても同じです。

現在一般的に流通している建具は、大手建材メーカーの木目調のシートが貼られた建具です。
デザイン性・機能に優れた建具は安価で施工手間も軽減できとても良い商品です。
ただ・・・
ただ、シート貼りは見た目は良いのですが「質感」「温かみ」は劣ります。

そんな悩みを解消してくれそうなる内装建具を発見しちゃいました!!
発見したって言うより弊社にやって来たんです、そのメーカーの営業マンが!! 
ミニチュアサンプを持参し丁寧な説明をいただきました。
常に色々な材料・商品を見て触って確認している私ですが

久々に「ビビビ・・・」ときました!

A&K 阿部興業株式会社さん  「森のかおり」シリーズ です。
この「森のかおり」の建具は国産杉材で作られたユニットドアで、見た目はもちろんの事、肌触りも温かく・柔らかい!!  ネーミング通り杉の香りがぷんぷんします!! 
杉材でしか出せないこの質感は弊社で採用している内装壁:砂漆喰との相性も良さそうです。

e0174926_129263.jpg


これはミニチュアサンプルですが質感・精度は抜群です。


「木の温もり」と謳って平気でシート貼りの建材を使っている「ハウスメーカーさん」「工務店さん」が未だにいます。結構そんな会社さんが幅広く営業しているのが見受けられ、少々残念に思います。

この商品と出合って、弊社はこれから更に「木」にこだわった家造りを心掛け様と熱く思いました。
[PR]
by wood-sato | 2009-11-28 12:09 | 材木屋