栃木名木百選  太子の笠松

真岡市 「太子の笠松」
枝張(東西南北):13.1m  樹根高:0.75m  幹周囲:1.4m  樹齢:約250年
クロマツ(黒松:Pinus thunbergii)は、日本の海岸に自生するマツ属の一種。
汚染と塩害に強いために、街路樹や防潮林に使われる。海岸沿いにある松原はクロマツで構成される。
樹高は、40mに達することもあるが、自然の状態では滅多にそこまでは成長しない。記録的な高さのクロマツとしては、春日神社の松(島根県)の66m、緩木神社の松(大分県)の60m、大日松(茨城県)の55mなどがあるが、現存しているものはない。
一般的には園芸用樹種であり古来から盆栽用の樹種として使われている。
栃木県内でもクロマツの野生は少なく、ほとんどが庭木である。様々な樹形に仕立てられ見事な古木も各地にあるがこの様な笠作りは少ない。針葉は二葉で、7~12cmの長さで幅が1.5~2mm。球果は4~7cmの長さである。樹皮は灰黒色で厚く、亀甲状に割れ目が入りはがれる。
アカマツと比較して黒っぽい樹皮をしており、名前はこれによる。針葉もアカマツより硬く、枝振りも太いことから、別名「雄松(オマツ)」とも呼ばれる。一方、アカマツは「雌松(メマツ)」と呼ばれる。クロマツとアカマツの交じっている林では稀に雑種(アイグロマツ)が生じる。

「太子の笠松」の太子とは、旧所有者鈴木家の屋号「太子堂」から付けられたものだそうで、丸方均等に枝張りを形成し、菅笠(スゲカサ)を伏せた形であるため笠松と敬称されている。
他には例をみない奇形の松である。
e0174926_159677.jpg
e0174926_1593953.jpg
e0174926_1595048.jpg

この樹、真岡市亀山の住宅地にある小さな公園に立っている。
毎回、たった一人で撮影に行くのですが、この時は娘2人に「公園に行こう」って連れて行きました。
その公園に到着して直ぐに2人の娘が・・・遊具が無い事に気付き・・・「何にも無いじゃん!ブランコは?」
すかさず、この樹を見せました!
見ての通り大変面白い形に娘2人は「な~にこの樹!? 帽子みたい!!」この樹の周りを走り回り喜んでました。
[PR]
by wood-sato | 2010-04-24 15:31 |
<< 消防団 卒業 >>